ブログパーツUL5
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SEARCH
ABOUT ME
OTHERS
SPONSOR
瀬戸内海沿岸各地でスローツーリズムに取り組んでいる人・団体・地域に向けて、関係する様々な情報を発信します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
瀬戸内ミニクルーズ(宇多津発着)無料!
瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会の主催で、
11月1日(土)に瀬戸内海ミニクルーズが開催されるそうです。

宇多津で集合し、北浦漁港から瀬戸大橋周辺を周遊。
一部のコースは本島観光も含むそうです。

計4便、各便定員50名 計200名を対象。
アンケート回答が必須条件で、参加費は無料。

往復はがきで申し込むことになっており、
締切りは平成20 年10 月24 日(土)当日消印有効です。

詳しくは以下のチラシをご覧ください。
http://www.skr.mlit.go.jp/pres/h20backnum/kouwan/081015/minicuruuzu.pdf
| イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュースクリップ
瀬戸内海スローツーリズムに関係しそうなニュースをできるだけピックアップ。

==================

せとうち新風景 アジアから集客へ連携 県境越え魅力アピール(2008/10/01 読売新聞)
↑アジアからのインバウンド観光客を「セトウチ」へ!


早秋の1日満喫、「まちかど漫遊帖」開幕/高松(2008/09/23 四国新聞)
↑来年度は「さぬきの国まち歩き博2009」(仮称)が開催予定です。


観音寺のヘンロ小屋で地元住民がお接待(2008/09/21 四国新聞)
↑お遍路さんの休憩所「ヘンロ小屋銭形」でのお接待です。


クルージングで芸予文化学ぶ(2008/09/20 中国新聞)
↑10月11日、弓削商船高専。第1回芸予文化探訪講座として、実習船でのクルージングです。


香川・引田漁協「ひけた鰤」が地域ブランドに(2008/09/19 産経新聞)
↑地域ブランド(地域団体商標)として「ひけた鰤(ぶり)」が特許庁から認可。


安芸灘連絡架橋:上蒲刈島−豊島、11月18日に開通 名称「豊島大橋」 /広島(2008/09/18 毎日新聞)
↑愛称は「アビ大橋」。


==================

※上記のリンク先は時間が経つと無くなる場合があります。
| ニュースクリップ | comments(0) | trackbacks(0) |
島スクエア 開校! 「輝く未来の自分に出会う」
山口県周防大島町にある大島商船高等専門学校から、
島で起業家を養成する「島スクエア」開校のお知らせをいただきました。

「島」で「起業」する人を養成、支援していくことで、
将来的に島の活性化、地域再生へつなげていこうという取り組みで、
先駆的なものだと思います。

この人材育成モデルや、ここで生まれるビジネスモデルは、
今後瀬戸内海の島々にも波及していくのではないかと期待しています。

以下、概要などをチラシ等から転載します。

【ビジョン】
日本の50年先を行く超少子高齢化「周防大島」に、5年間で10組以上の“アントレプレナー(起業家)”を育成し、事業終了の5年後にも持続可能な仕組みを、産学公連携で創出する事を目指しています。
ひとりの新たなチャレンジが、次のひとりに連鎖し、周防大島のチャレンジ生態系が広がることで、日本一元気なフルサトとなり、島を離れ都会で働く出身者が、“周防大島”という名前を声に出し誇り、島に帰って来たくなる「風土」をつくることが、真の地域再生だと考えています。
そして、日本の少子高齢化地域の再生モデルとして輝き、その輝きが同様の課題を持つ地域へ伝播する事で、日本がもっとステキになればと思っています。
「島スクエア」で、輝く未来の自分に出会ってみませんか。


詳しくは、
「島スクエア」ホームページへ!
島救えや!
| 活動紹介 | comments(5) | trackbacks(0) |
ニュースクリップ
瀬戸内海スローツーリズムに関係しそうなニュースをできるだけピックアップ。

==================

ミカンの搾りかすでバイオエタノール、国が実験補助 愛媛(2008/09/03 産経新聞)
↑今まで産業廃棄物として処理していたものを資源に。


特集:瀬戸は…里海、渚の異変 瀬戸内異変、渚が泣いている(2008/09/01 毎日新聞)
↑瀬戸内海の砂浜についての毎日新聞の特集記事です。


世界新、23・1メートルの焼き鳥できたよ/高松(2008/08/31 四国新聞)
↑ロング焼き鳥は、1本の竹からくしを作るのがルールだそうですよ。


「ベロタクシー」5日から試験運行/直島(2008/08/31 四国新聞)
↑直島での試験運行期間は9月5日から28日までです。


ふるさと探訪参加者募集/現代アートと史跡巡る(2008/08/30 四国新聞)
↑四国新聞社が主催する「ふるさと探訪」の一環。直島編です。


ロケ地開拓にフォトコンテスト 広島・三原(2008/08/26 産経新聞)
↑フィルム・コミッションみはらが、同市内でロケ地として活用できる風景や場所を探すフォトコンテストを開催予定。


==================

※上記のリンク先は時間が経つと無くなる場合があります。
| ニュースクリップ | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュースクリップ
瀬戸内海スローツーリズムに関係しそうなニュースをできるだけピックアップ。

==================



わがまち自慢で観光活性化 「100万人のラブレター・プロジェクト」(2008/08/23 産経新聞)
↑香川県の「地方の元気再生事業」の取り組みを紹介。


オリーブ100年:名所巡り宝探し 香川県・小豆島で31日までイベント /四国(2008/08/20 毎日新聞)
↑「冒険の書」を手がかりにキーワードすべてを探し出した人にはパーフェクト賞がプレゼントされるそうです。


シャッター街に活気を/空き店舗再生、ライブも(2008/08/20 四国新聞)
↑商店会や地元自治体が工事費や1年目の家賃を負担し、シャッター街からの脱却を図る。


跳ねる魚に歓声/家族連れらが地引き網体験(2008/08/14 四国新聞)
↑香川県高松市庵治町の太鼓の鼻オートキャンプ場で100人が参加したそうです。


体験型2作品、19日から公開/直島のギャラリー(2008/08/14 四国新聞)
↑外との接触を断ち、1人で2泊3日の間滞在し瞑想する体験型作品が公開されたそうです。実験的ですね。


==================

※上記のリンク先は時間が経つと無くなる場合があります。
| ニュースクリップ | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュースクリップ
瀬戸内海スローツーリズムに関係しそうなニュースをできるだけピックアップ。
==================

自然を敬い 自然に学び 日本人らしい美徳の回復を 愛媛・石鎚山に注目(2008/07/30 産経新聞)
↑西日本最高峰の石鎚山での様々な取り組みを紹介。

「福山城を再発見」 市立福山城博物館で9月30日まで(2008/07/30 産経新聞)
↑市立福山城博物館の企画展「福山城再発見」。9/30まで。

肥土山農村歌舞伎を後世へ 新保存会を設立 香川(2008/07/30 産経新聞)
↑来年5月、全国地芝居サミットの開催が予定されているそうです。

瀬戸内海再生へ連携/高松で知事・市長会議(2008/07/30 四国新聞)
↑瀬戸内海周辺の13府県19市でつくる瀬戸内海環境保全知事・市長会議の総会。

岡山後楽園の幻想ライトアップ(2008/07/29 時事ドットコム)
↑フォトニュースで画像が紹介されています。

豊島・島の学校:参加者を募集 香川で来月22〜24日 /大阪(2008/07/29 毎日新聞)
↑「第6回豊島・島の学校」。8月22〜24日開催。

豪快水しぶき涼誘う/観音寺・豊稔池でゆる抜き(2008/07/29 四国新聞)
↑観音寺市の豊稔池での「ゆる抜き」。下流にある井関池の貯水量が3割を下回るころを目安に、毎年1、2回のペースで行われているそうです。

夕涼みは納涼船で/国道フェリーが運航(2008/07/20 四国新聞)
↑高松港から瀬戸内海を巡る納涼船が運航。夕焼けや瀬戸大橋、島々の景色など約2時間半の船旅。7/26、8/2も運航予定。

毎週土曜はフラダンスの島(2008/07/19 中国新聞)
↑山口県周防大島町。毎週土曜日の夜にフラダンスを披露する「サタフラ(サタデー・フラ)」が19日から始まる。9/20まで。

企業の環境教育 体験型が売り(2008/07/18 読売新聞)
↑企業の社会貢献のため環境教育。体験型が特徴。

==================
※上記のリンク先は時間が経つと無くなる場合があります。
| ニュースクリップ | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュースクリップ
瀬戸内海スローツーリズムに関係しそうなニュースをできるだけピックアップ。
==================

豪華!「瀬戸内クルーズ」出航(2008/07/16 産経新聞)
↑神戸経済同友会が企画。「瀬戸内クルーズ」を新たな観光資源に育てようという試み。船は大型客船「ぱしふぃっくびいなす」。

「思いっきり四国!88癒しの旅。」 四国4県、イチ押し施設など紹介(2008/07/15 産経新聞)
↑四国グリーン・ツーリズム推進検討会が企画。4県で計88カ所の体験型施設の指導者や施設などを写真入りで紹介。

美術館通りを通行規制/9月21日カーフリーデー(2008/07/15 四国新聞)
↑高松市。車の利用を規制することで環境や都市交通のあり方を見直そうという取り組み。美術館通りの約300メートルを通行規制。

小豆島舞台ロケ順調/ぼくとママの黄色い自転車(2008/07/15 四国新聞)
↑原作は新堂冬樹さんの「僕の行く道」。来春の全国公開予定。

環瀬戸内の方向探る/関西地区経済同友会懇談会(2008/07/12 四国新聞)
↑西日本の18の経済同友会が参加する関西地区経済同友会会員合同懇談会。基調講演は静岡文化芸術大の川勝平太学長「環瀬戸内海の活性化構想」。

船から見る風景百選/新たに写真50作品(2008/07/11 四国新聞)
↑最優秀賞であるベストショット賞に、広島市の宇品港を撮影した舛部優貴さん(広島県江田島市)の「帰るまでの夕日」。

安芸灘エリアの愛称募る(2008/07/10 中国新聞)
↑11月に豊島大橋(仮称)が開通予定。安芸灘諸島連絡架橋ルート一帯の愛称について全国公募を開始。

福山―多度津フェリー廃止へ(2008/07/10 中国新聞)
↑福山市と香川県多度津町を結ぶフェリーが8月末で廃止。

==================
※上記のリンク先は時間が経つと無くなる場合があります。
| ニュースクリップ | comments(0) | trackbacks(0) |
「瀬戸大橋スカイツアー」参加者大募集!
一般の方が普段立ち入ることが出来ない、JR瀬戸大橋線が真横を駆け抜ける管理用通路や、海面から175mの塔頂にご案内するツアーの参加者を募集しています。

日時:平成20年10月11日(土)・10月12日(日)・10月25日(土)・10月26日(日)

定員:600人(1日150人)

詳しくは↓JB本四高速ホームページへ。
http://www.jb-honshi.co.jp/press/080630press-1.html
| イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュースクリップ
瀬戸内海スローツーリズムに関係しそうなニュースをできるだけピックアップ。
==================

豊作願い燃え盛る炎/土庄・肥土山で「虫送り」(2008/07/02 四国新聞)
↑小豆島。虫送りは約300年続く風習。火手(ほて)と呼ばれるたいまつを手にした親子連れ約200人が、のどかな田園地帯歩く。伝統を守り、受け継いでいます。

山口県・情島の心意気(2008/07/02 読売新聞)
↑九州版。32年前のフェリー沈没事故の際に、情島の漁師が救助活動した話をコラムに。

「むれ源平石あかりロード」開催=高松市(2008/07/01 時事ドットコム)
↑高松市牟礼町。庵治石で作った照明(石あかり)で道路をライトアップする「むれ源平石あかりロード」。8月2日から9月20日まで開催。

四国霊場を自転車で/88サイクル駅伝参加者募集(2008/07/01 四国新聞)
↑四国霊場八十八カ所を巡る約1400キロを自転車でリレーする「四国霊場88サイクル駅伝」。8月8日から善通寺を発着点に行われる。

自慢の「箱入り娘」、四角スイカ出荷始まる(2008/06/30 四国新聞)
↑見た目を楽しむ「四角スイカ」の出荷がJA香川県筆岡支店で開始されたニュース。東京や大阪など都市部のデパートを中心に贈答用として出荷。カナダにも輸出されるそうです。

==================
※上記のリンク先は時間が経つと無くなる場合があります。
| ニュースクリップ | comments(0) | trackbacks(0) |
石鎚森の学校へのリンク追加
第1回スローツーリズム交流会で事例紹介していただいた、
NPO法人石鎚森の学校さんのホームページ&ブログを、
右欄のリンクページにそれぞれ追加しました。

石鎚森の学校さんは、
瀬戸内海スローツーリズムつながりで、
4月に小豆島へ行かれたそうですよ。

アドレスは以下です。
今後ともよろしくお願いします。

NPO法人石鎚森の学校のHP
http://business4.plala.or.jp/ishizuch

NPO法人石鎚森の学校ブログ
http://ishi.i-yoblog.com/

皆さま、
リンクに加えたいサイト、ブログがありましたら、ご連絡下さい。
メールはyoshihara@crrc.or.jpです。
↑上記のアットマークを小文字にして送信して下さい。
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
1/4 >>Copyright © yoshi All Rights Reserved.